読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堅実サラリーマンの物販ビジネスブログ

物販関連の話題を中心に、ビジネスを実践しながら日々感じていることを綴っていきます。

【中国輸入】リサーチ基準(5)月間販売数

中国輸入リサーチ基準の5回目、最終回です。
月に売れている個数を調べる方法ついて説明します。
 
モノレートというサイトを使うと、
その商品のランキングの推移がわかります。
このサイトはリサーチには必須です。
必ず見るようにしましょう。
 
Google Chromeを使っている人は、
アマゾン商品ページにモノレートへのリンクを追加する機能拡張があるので、
入れておくと非常に便利です。
 
月間販売数を調べるには、ランキングのグラフを使います。
商品が売れるとアマゾンのランキングが上がります。
ということは、商品が売れるとランキングのグラフで山ができることになります。
1ヶ月の間にランキングの山が何個あるかで月間販売数が分かるのです。
このグラフがギザギザだとよく売れている商品と言えます。
グラフに動きが無い商品は売れていない商品ですので、仕入れを見送りましょう。
 
あなたが出品した場合にその商品が月に何個売れるかは、
「月間販売数÷(出品者数+1)」で予想できます。
これに利益額をかければ、その商品で得られる月額利益が予想できます。
 
この月額予想利益が5000円ほどあれば出品してもよいでしょう。
 
利益が出る商品で、売れている商品が見つかったら、
3〜5個程度仕入れてテスト出品てみましょう。
 
実際によく売れた商品があったら、
次回は仕入数を増やせばよいのです。
 
以上でリサーチ基準についての説明は終わりです。
 
決めた基準はできるだけ守ったほうがよいです。
感で仕入れて出品すると、全然売れないこともあります。
 
・基準を決めて基準に沿ってリサーチし出品する
  ↓↑
・実際に売れた結果をもとに、基準を見直す
 
この繰り返しです。
まずはやってみる。やった後に軌道修正する。
試行錯誤してあなたなりの基準を作っていってください。
 
がんばっていきましょう!
 

--

LINE@始めました!

https://line.me/R/ti/p/%40zeu9416c

こちらでも副業や仕事術、日々のできごとなどを配信しています。

是非登録してみてください!(無料です)