読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堅実サラリーマンの物販ビジネスブログ

物販関連の話題を中心に、ビジネスを実践しながら日々感じていることを綴っていきます。

【中国輸入】リサーチ基準(3)利益率

中国輸入リサーチ基準の3回目です。
利益率について説明します。
 
利益率とは商品価格に対する利益の割合のことです。
 
100万円の売上で利益率が10%なら10万円の利益です。
40万円の売上でも利益率が25%なら10万円の利益です。
 
前者の場合は10万円の利益を出すのに90万円が必要です。
後者のほうは10万円の利益を出すのに30万円ですみます。
 
利益率が高いほうが、少ない元手ですむのです。
キャッシュフローの観点からも、利益率が高いほうが望ましいのです!
 
例えば、2000円の商品があった場合を考えてみましょう。
仮に1商品あたり以下の経費がかかったとしましょう。
  • 購入価格:300円
  • 代行業者手数料:10円
  • 中国国内送料:30円
  • 国際送料:300円
  • 関税:50円
  • FBA倉庫への送料:100円
  • 雑費(梱包材、シールなど):10円
  • Amazon手数料:600円
 
この場合の経費の合計は1400円。
利益は600円。
利益率は600÷2000×100=30%となります。
 
リサーチする段階で、利益率がどれだけあるかを計算しておきます。
利益率が基準を満たさない商品は、
思い切って購入対象から外してしまいましょう。
 
Amazonの手数料はFBA料金シミュレーターを使うと確認することができます。
 
私は利益率30%を基準に仕入れをしています。
 
次回はランキングについて説明します。
 

--

LINE@始めました!

https://line.me/R/ti/p/%40zeu9416c

こちらでも副業や仕事術、日々のできごとなどを配信しています。

是非登録してみてください!(無料です)